子どもの採血時に親を引き離す4つの理由とその反論。

「では血の検査をしますので、お子さんをお預かりします。お母さんは待合室でお待ちくださいね」

これは、当院の看護師がよく使うフレーズです。
明石医療センターに限ったわけではなく、多くの小児科外来で「採血や点滴をするときはお預かり」という方針が採られています。

採血や点滴をするとき、親は付き添わないほうがいいのでしょうか。
それとも付き添ったほうがいいのでしょうか。

親の付き添いの現状

2007年に鈴木理恵子さんらが報告したデータによると、小児科の375施設のうち、子どもの採血や点滴のときに親が「付き添う」と答えた施設は4%、「付き添っていない」と答えた施設は65%、「状況による」と答えた施設は31%でした。

私の務める明石医療センターも、上記の赤枠に含まれます。
少なくても2007年の時点では、親が付き添わないのが多数派のようです。

親を付き添わせない理由

どうして採血や点滴をするとき、親を待合室に追い出すのでしょうか。
これには4つの理由があります。

処置のためのスペースの確保

子どもを安全に採血しようとすると、場合によっては数人がかりで押さえる必要があります。
狭い処置室で、大人が密集する形になり、お父さん・お母さんが子どもを見守るにはスペース的に難しケースがあります。

処置のためのスペースを確保するために、仕方なく親には待合室で待ってもらう場合があります。

手技に集中するため

点滴の針を子どもの手に刺そうとする瞬間は、小児科医は神経を研ぎ澄ましています。
心配そうに見つめる親が「ああ、痛そう……。ああ、かわいそう……」と隣でつぶやいていると、気になって集中できない可能性があります。

特に若い小児科医は、緊張すれば手先が震えます。
(私はさすがに震えません。小児科医を何年もやっていれば、親の視線で緊張するなんてことはありません)

少しでも採血や点滴の成功率を高めるために、親は処置室から退室してもらうことがあります。

処置の迅速化

お父さん・お母さんに「付き添うか、付き添わないか」を聞いていると、それだけで時間がかかります。
親にとっても、付き添うほうがいいのか、付き添わないほうがいいのか、即断できないからです。

処置をスピーディに終えるために、ルーチンとして「外でお待ちください」と言うほうがよいという考え方もあります。

親子関係への配慮

採血をしている間、子どもは泣き叫びます。
お母さんはそばにいても、子どもを助けることができません。

子どもは「お母さんはどうして助けてくれないんだろう」と不安になるかもしれません。

子どもに勘違いされないためにも、痛い処置をする間はお母さんには離れてもらって、終わったら「お母さんが助けにくる」という状況がよいという考え方があります。
親子関係に配慮して、採血中は親に付き添わせないという考え方です。

子どもの権利

1989年、国連総会で「児童の権利に関する条約」が採択されました。

  • 子どもの最善の利益の保障(3条)
  • 親と引き離されない権利(9条)
  • 意見を表す権利(12条)

私見ではありますが、子どもはどんな状況であっても、お父さん・お母さんがそばにいるほうがよいと思います。
心配そうに見つめる親に対して「お母さんはどうして助けてくれないんだろう」と思う子どもはいないと思います。
(処置中にスマートフォンをいじっているお母さんを見れば、そう思うかもしれませんが、そういう親はいません)

採血や点滴において、子どもを親から引き離すのは、子どもの権利を十分に保障できていないと私は考えます。

私はこうしています

私は点滴をとるときにまずお母さんに確認をします。

「今から点滴をとります。お子さんにとって、お母さんがそばにいる方が心強いと思います。もしお母さんが点滴の処置を見るのが怖くなければ、子どものそばについていてください。もし処置を見るのが怖ければ、終わったらすぐにお呼びしますので、処置室の外でお待ちください」

少し強迫的な質問になりがちですので、「どちらを選んでも大丈夫ですよ」と優しく聞きましょう。

8割くらいのお母さんが、そばについていることを選びます。
残りの2割は、他のきょうだいがいる、父親に連絡を取りたい、血を見るのが怖い、などの理由で待合室に行きます。

お母さんがそばについていると、子どもの泣く時間は大きく減少します。
もちろん、針を刺す瞬間は泣いてしまうのですが、泣き止むまでの時間が早いです。

また、お母さんに子どもを押さえるのを手伝ってもらえば、採血に要する人員を一人減らせます。
手が空いた看護師に別の仕事をやってもらえば、小児科外来の待ち時間が減ります。

子どもの採血は難しいので、お母さんの目の前で失敗してしまうこともあります。
ですが、小児科のプロという自負をもって処置に臨めば、動揺しません。
子どものために失敗しないほうがいいのは当然です。
「親がそばについているから、失敗できないぞ」という考え方は、プロ失格です。

まとめ

親に処置を手伝ってもらうことで、スペースは保たれ、処置の迅速さも上がります。
手技への集中については、小児科医の経験次第でしょう。
親子関係は、親が付き添うことで壊れるとは思えません。

以上は私見です。
親が付き添うことで、児のストレスが本当に減っているのかについて、明確なエビデンスはありません。
親を子どもに付き添わせている、という私の自己満足かもしれません。

それでも、処置室のスペース、手技への集中、迅速化、親子関係の配慮などを理由に、子どもと親を引き離そうとする考え方について、私は反対します。

ちなみに「点滴をとることは、小児科医の必殺技なんだ」と主張した記事はこちらです。

手技は信頼のカギ。

2017.01.05
また「心肺停止で子どもが倒れたとき、蘇生の現場に親は付き添うべきだ」と書いた記事はこちらです。

子どもの突然死において小児科医が配慮する5つの倫理的問題。

2017.02.14
今回の記事と関連しますので、併せて読んでくださると嬉しいです。